HSPを知る

HSPの4つの種類とは?あなたは内向型?外向型?特性と傾向を解説

HSP4つの種類

一口にHSPと言っても、その中にはいろいろなタイプが存在することをご存知ですか?

実は筆者は常々「HSPの繊細さには共感できるけど、自分の性格とは少し異なる部分があるな…」と感じていました。もし心当たりのある方は、今からご紹介する「○○型HSP」のどれかに当てはまるかもしれません。

今回はHSPの種類とそれぞれの特徴について分かりやすく解説していきます。

HSPの4つの種類

HSPの4つの種類とは?
HSPとは生まれ持った気質的なもの。
内向型・外向型とは環境で変わる性格的なものです。
この組み合わせにより、HSPもいくつかのタイプに分けることができます。

  1. HSP(主に内向型)
  2. HSS型HSP(外向型)
  3. HSE型HSP(内向型)
  4. HSS/HSE型HSP(外向型)

では上から順にその特徴を見ていきましょう。

HSP(主に内向型)

HSP(内向型)
HSPとは「人一倍繊細で敏感な気質を持った人」のことを指します。

  • 物事を深く考える
  • 過剰に刺激を受けやすい
  • 共感力が高い
  • 感覚が鋭い

という4つの特性を持っており、非HSPの人よりもストレスを受けやすい傾向にあります。

特性の影響か、HSPの7割は内向型と言われています。

  1. 気を遣いすぎて疲れるから人と接するのは苦手
  2. 考えすぎて行動に移せない
  3. ひとりの時間を大事にしたい

そう思われている方が多いと言われています。

HSS型HSP(外向型)

HSP/HSS(外向型)
次に、HSS型HSPについてご紹介します。

HSSとは「High Sensation Seeking」の略で、
「刺激追求型の人」のことを指します。
代表的な特徴は以下の通りです。

  • 好奇心旺盛で、何にでもチャレンジしてみたい
  • 常に刺激を求めてアクティブに動き回る
  • 熱しやすく冷めやすい

こう見ると、HSPとは真逆の印象を受けます。
しかし両者の特徴を併せ持つ、いわゆるHSS型HSPというタイプが存在するのです。

刺激がないと退屈なのに心は人一倍繊細なわけですから、猛烈に疲れやすいタイプです。
外で思い切り刺激を受けた後、家でパタリと電池切れしてしまうことも…。
オンとオフの差が激しいタイプとも言えるでしょう。

HSS型HSPさんも内向的で人見知りの方が多いようですが、活発なせいであまりそのようには見られません。
心身の休息を得るときも基本的にひとりを好みます。

HSE型HSP(内向型)

HSP/HSE(内向型)
HSEは「Highly Sensitive Extrovert」の略で「社交的な人」のことを指します。

HSE型HSPとは人との関わり合いを好み、尚且つ人付き合いが得意なHSPのことです。
筆者の場合、このタイプに当てはまります。

社交的で対人関係を円滑に築くことができるため、リーダーを任されることが多いです。
しかしHSP気質のせいですぐに疲弊してしまいます。

個人的には、困っている人を放っておけず身を犠牲にしてまで世話を焼いたり、相手を過信しすぎて傷付くことが多いように感じます。

HSSのように刺激を求めることは少なく、非常に保守的です。
気持ちが晴れないときは友人や家族など、気心の知れた人と食事に出掛けると元気が出ます。

HSS/HSE型HSP(外向型)

HSS/HSE (外向型)
こちらはHSSとHSE、両方の心理的要素を持ち合わせたHSPです。

刺激を好み、他者との交流も積極的に行うので人との交流からパワーをもらいます。

リーダーの素質があり、尚且つ行動力にも長けているため経営者などに向いており外向型のHSPは全体の約3割ほどだと考えられています。

HSPはマルチタスク(複数の同時進行)が苦手ですが、外向型は比較的得意な方が多いと言われます。

自分のタイプを理解しよう

HSP種類まとめ
今回はHSPの種類について解説しました。
ご自身に当てはまるタイプはありましたか?

私自身「HSPなんです」と言いつつも、本当は少し納得がいかない部分がありました。

しかしHSSやHSEという概念を知ったとき「これっだったのか!!」とようやく腑に落ち、本当の意味で自身のHSPを受け入れられたように感じます。

自分を表す概念が存在するのは、なんだか安心できますね。

内向型・外向型、どちらが良いということではありません。
HSPであれば両者ともに繊細なことに変わりはないのです。

これを機に自身のタイプを理解し、ストレスの緩和にぜひ役立ててみてください。