HSPあるある

HSPはスピリチュアルな物事を引き寄せる?スピリチュアルって心地いい!

【HSP】〜繊細さん〜スピリチュアル

みなさんは「スピリチュアル」と聞くとどんなものを思い浮かべますか?
霊感、オカルト、占い…などなど、その印象は様々だと思います。

HSPの気質を持つ人の中には、この「スピリチュアル」を特別なもの、近寄りがたいものというよりも、なんとなく身近に感じている人も多いのではないでしょうか?

今回は、HSPとスピリチュアルな物事の関わりについて、筆者の体験談を交えて考えていきたいと思います。

スピリチュアルとは一体なんだろう?

HSPスピリチュアルって何だろう?
最近ではよく聞かれるようになった「スピリチュアル」という言葉。
そもそもこの言葉の意味について深く考えてみたことはありますか?

「スピリチュアル」は英語では「spiritual」と表記します。
ここには「spirit」という単語が入っていますよね。
これは「精神」や「」という意味の言葉です。

つまり、スピリチュアルとは「精神の」「魂の」というのがその本質的な意味になります。

そこから派生して「精霊の、霊の」といった「オカルト」と捉えられがちな意味合いや、
「超自然的な=自然界の理屈では説明できない」といった、
ちょっと宗教が関連しているのかな?と場合によっては構えてしまうような意味合いでも使われるようになりました。

「超自然的」や「霊」と言われてしまうと、なんだか遠い世界の出来事のように思えるかもしれませんね。
しかし、「精神的な」という言葉は誰にとっても身近ではないでしょうか?

これらは一見、ひとつの単語に対してバラバラな概念なようにも思われます。
しかし、共通しているのは「目には見えない」ということ。
目には見えないけど、「精神」が存在しているのはみんな知っていますよね。

その延長線上に「ちょっと理屈では説明できないような不思議な事柄だけど、ないとは言い切れない」ことがあります。
色々な解釈がありますが、主にこういったことをまとめて「スピリチュアル」と呼んでいるのです。

HSPが身近に感じるスピリチュアル

HSPが感じるスピリチュアル
HSPの気質を持った人は、この「目には見えないけれどきっとあること」をその豊かな感受性で人よりも敏感に捉えていることが多いです。
それが、HSPにとって「スピリチュアルを身近に感じる」理由のひとつとなっています。

「身近なスピリチュアル」の代表的なものとして、「占い」が挙げられます。
朝の情報番組や雑誌など、よく目にしますよね。

皆さんは、占いって信じていますか?筆者は、何人かの占い師さんの星座占いや、全体的な星読み(星の配置で時代の流れを見る方法)なんかをよく読んでいます。

最近の占いは、「明日○○が起こる!」といったものよりも、少し詩的な内容のものが多いなと感じます。
「これがあったから悲しい」「これが起こるから大丈夫」といった単純なものではなく、
もっと物事を大らかに捉えて、優しく道しるべを提示してくれるような占いです。

そういった占いを読んだ時に湧き上がってくる不思議と神秘的な感情を「心地よい」と感じるHSPの人は少なくないのではないでしょうか。

また、占い以外にも「直感」といったものに従いやすいのもHSPさんの特徴のひとつです。
これも、理屈だけではうまく説明できないような「目に見えないこと」ですよね。

筆者は、よく未来に予定をいれたり約束事をした場合に、心配性なのでその場面をシミュレートしてみることがあります。
楽しみな予定もそうでない予定も、特別な行事も些細な予定でもそうなのですが、何回かに一回は「その予定を実行している未来が全く想像できない」という状態になります。

「私はきっと、あの場所にいない気がする…」という、理由もなく頭にモヤがかかるようなことがあるのです。
そういった時は大抵、何かしらの理由でその予定が変更、もしくは流れてしまいます。

霊感もない筆者ですので、何か不思議な力が自分にあるとは思っていませんが、
こういった「直感や第六感」というのは少なからずこの世にあるんだろうな、と感じる出来事のひとつです。

HSPスピリチュアルまとめ

HSPスピリチュアルまとめ
ちょっと身構えてしまいがちな「スピリチュアル」という言葉ですが、適度な距離感で自分を包んでくれる、切っても切れない存在だと筆者は考えています。

全てを理屈で説明できなくてもいい、大らかに捉えて「こういうものなんだ」と付き合っていくことで、新たな心地よさが生まれるのではないでしょうか。