HSP仕事

HSPは介護職に向いている?HSPに適した介護サービス環境の見つけ方

【HSP】介護職
主婦
主婦
『介護施設に入社したけど、仕事が辛くて辞めたい・・・。』
『初めての職場で先輩がキツくて怖い・・・。』
『これから介護の仕事がしたいけどHSP気質なので不安。』

このような不安や疑問にお答えします。

この記事を読むことであなたの強みを生かして働くことができる介護サービス環境や転職の際に気をつけるポイントがわかります。
未経験から介護職として働き始めて4年。

自分にあった介護サービスに転職成功できた経験を元に解説します!

ドキンちゃん
ドキンちゃん

 

本記事の執筆者

 

 

HSPは介護職に向いている!!

【HSP】は介護職に向いている
人一倍にやさしいHSPさんは、人の役に立ちたい、癒してあげたい気持ちから介護職や看護職・保育士などの仕事を選ぶ傾向にあります。

HSPが介護職に向いている理由

  • 高齢者の心理に寄り添い傾聴できる
  • 深い思考力でどのような介護を必要とされているのかを提案できる
  • ささいな刺激を察知して危険を予知できる
  • 相手のペースに合わせた優しいケアを提供できる

HSPのあなたは感受性の豊かさと感情を読み取ることができる、HSPならではの強みを持っています。

この強みを発揮するにはあなたに適した介護サービス環境や働き方を見つける必要があります。

その反面、HSPさんは介護職に向いていない理由も持ち合わせていることから、こちらも把握しておくと良いでしょう。

HSPが介護職に向いていない理由

  • 多忙であるため効率重視
  • 利用者からの暴言・暴力の刺激がある
  • 多職種連携、チーム戦
  • 上司は圧力モンスターな人が多い

介護現場の人手不足の背景には、限られた人員で激務をこなさないといけない現状があります。

では、なるべく刺激の少ない環境で働くにはどのようなポイントがあるのか解説します。

HSPにオススメな介護サービス環境とは?

HSPにおすすめな介護サービス環境とは?
HSPにおすすめな介護サービス環境を紹介していきます。

少人数のグループホーム

    1. グループホームとは、認知症の高齢者が、専門スタッフの援助を受けつつ5人から9人のユニットで共同生活する介護福祉施設です。
    認知症の進行を遅らせるため、介助者も家族のような関わり方をするのが特徴です。

このようなHSPさんにおすすめな職場です。

  • 相手のペースに合わせたケアを提供したい。
  • スピードよりも質を重視ししたい。
  • アットホームな環境でゆったり働きたい。
  • 共感力を生かして認知症ケアを働きながら学びたい。

待遇はグループホームを運営している企業によって異なります。

全体的に決して高待遇とは言えない施設形態ではあるものの、過度な残業や休日出勤も少なめということを考えれば、ワークライフバランスのとりやすい環境です。

介護付き有料老人ホーム(住宅型)

    食事・清掃・身体介護・リハビリなど、施設スタッフによる幅広い質の良いサービスが受けられる施設。

このようなHSPな方におすすめの職場です。

  • 一人ひとりに合わせた質の高い介護を実践したい方。
  • 人間関係の刺激が少ない環境を好む方。
  • 介護職として将来キャリアアップを目指している方。
  • 研修・福利厚生、人事制度等を重視される方。

有料老人ホームは民間企業が運営していることもあり、人事制度や研修・福利厚生が充実しているケースが多いことから安心して長く働くことができます。

向上心が高く、優秀な人材が集まることから人間関係が良好な職場も多いです。
また、サービスの満足度を重視している企業が多いため、質の高い介護スキルや対応力を磨くこともできます。

訪問介護員はHSP介護士にオススメ!

“自宅”で暮らす要介護者の日常生活の援助を行う介護スタッフです。

訪問介護の仕事は決められた時間に要介護者の自宅を一人で訪問し、必要な介護サービスを提供します。

主な仕事内容は、身体介護、生活援助や通院の支援など。

訪問介護員の魅力!

利用者と濃い関係の個別ケアができる
働く時間を自由に選べる
高時給でやりがいアップ
人間関係の悩みが最小限

最低限必要な資格は、介護職員初任者研修資格(旧ヘルパー2級)が必要です。

HSPさんが今働いている環境が辛いと感じるなら、自分に合った介護サービス環境を見直してみてはいかがでしょうか?

HSPが失敗しない職場選び3つのポイント

HSPが失敗しない職場選び3つのポイント

就業先を徹底的に調べよう!

職場のウェブサイトの情報だけを鵜呑みにしてしまうと失敗する確率が上がります。

掲載されている写真のイメージは実際の環境と異なることがあるため、職場見学や口コミ情報なども参考にして自分の希望とのマッチ度を確認しておきましょう!

施設が掲げている経営理念と実際の環境があまりにもかけ離れていると、ブラックの可能性が高い。

待遇や福利厚生の詳細を把握する

昇給・昇格の仕組みや福利厚生の充実度など、特にご自身が重視する部分は確認をしておきましょう。

求人サイトには”要相談・対応可”など曖昧な表現で掲載されていることもあるため、詳細を確認して把握しておくことが大切です。

募集情報に記載されていない情報も確認しておくことをオススメします。

その職場で働く理由を明確にしよう

納得感をもって働くためにも『この転職で重視しているのは何か』ということを明確にすると長く働くモチベーションになる。

働くあなたにとって、待遇・時間・人間関係・・・
優先順位を決めておきましょう。

【HSP】適職の見つけ方とは?! (1)
HSPとしての適職よりも、自分に合う適職をリサーチして見つけよう! 繊細で敏感なHSPさんにとって、職場はたくさんの刺激にあふれています。 音・光・におい・人の視線・ギスギスした空気...

HSPは介護職に向いているまとめ

HSPは介護職に向いているまとめ

HSPさんは介護職に向いています!

私がおすすめする介護サービス環境

  • 少人数のグループホーム
  • 介護付き有料老人ホーム(住宅型)

介護現場で身体的・精神的に辛い環境で耐えているHSPさんもいらっしゃるかと思います。

利用者様を笑顔にできる介護職は、サービスを提供するあなたの心と体が元気に働ける環境に身を置くことが何よりも最優先です。

転職の目的が明確にできたら、過去の経験から自分の強み・弱みを整理してあなたに合った介護サービス環境を見つけてはいかがですか?

あなたがお住いの地域の情報を集めてみることから転職の準備をおすすめします!

介護業界で輝くHSPさんの参考になりますように!

\\\\٩( ‘ω’ )و ////

ABOUT ME
ドキンちゃん♡
緊張のあまりに自分らしさを発揮できないHSP。自分に足りない小さい1をたしていくことで、日々成長していく姿を発信。将来の夢はフリーランス。時間、お金、人間関係に悩まない自由を手に入れるための行動を開始。